山林事業開発室

日本は国土の3分の2が森林で覆われている世界有数の森林国です。森林は水源涵養をはじめとする公益的側面と、再生産可能な資源という側面を持ち、その両方から我々の生活を支えてくれています。
私たち江間忠グループは天竜地域を中心に社有林を所有しており、その公益的側面を損なわぬよう環境に配慮した適切な管理を実施しております。
また、創業から90年の歴史の中で培ったノウハウを基に、森林の保育から製品利用に至るまでの一貫体制を構築し、原木の付加価値を向上させ、持続可能な循環型森林経営を実践し、100年先の未来へ美しい森林を残すことを目指しています。

詳しくは PDFダウンロード

このページの先頭へ